販売情報

長期優良住宅のメリット

イメージ
イメージ
イメージ

南海不動産が考える長期優良住宅とは

優れた住まいであること。

耐震性・省エネ性等の基本性能が高いレベルであることはもちろん、家族のコミュニケーションが高まる場として快適な住まいであること。

フレキシブルに対応できること。

将来の間取り変更に対応できる可能性を持ち、メンテナンスが容易なこと。

資産価値が保たれること。

ロングサポート体制の充実によって、住まいの資産価値が長く維持されること。

イメージ
イメージ基礎は、上からの荷重を地面に均一に伝達することで安定した強度を発揮する「ベタ基礎工法」。そして、無垢材の約1.25倍の強度を誇るプレカットした「EW材(エンジニアリングウッド)」を柱や梁に使った「木造軸組み工法」と面でも建物を支える「面材耐力壁」を採用して、トータルに耐震性を高めています。
イメージ
※1:上記プレカットのEW材参照 ※2:異形鉄筋の直径 国土交通省が定める基準 ※3:300mm以下 ※4:120mm以上 ※5:300mm以上 ※6:120mm以上 ※7:120mm以上
イメージ
イメージ壁と天井には、優れた断熱・吸音・耐火性を発揮する断熱材「ロックウール」を標準施工。熱の出入りが激しい窓には、ガラスに特殊金属膜をコーティングした「Low-Eガラス」を採用。夏には日射熱や紫外線をカットし、冬には室内の暖房熱が逃げるのを防ぎます。年間を通して、省エネルギーな住空間を実現します。
イメージ

長期優良住宅はこんなにおトク!

CO2排出や少子高齢化が大きな社会問題となっている今、日本の住宅には、大切な資産として何世代にもわたって住み続けられる「住宅の長寿命化」が求められています。
これまでの“つくっては壊す”消費型社会から“いいものをつくって、きちんと手入れして、永く大切に使う”サスティナブル(持続可能な)社会への転換が国策として進められています。
※長期優良住宅の普及促進に関する法律/
平成20年12月5日公布・平成21年6月4日施行
イメージ
長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅を評価・認定することで、
■環境負荷を低減し、低炭素社会を実現する。
■暮らしの経済的負担を軽減しながら、住宅の資産価値を高める。

などを目的としています。
pagetop